純黒にんにくと生にんにくの違い

スポンサードリンク

純黒にんにくと生にんにくの違い(ニオイや成分・効果)

純黒にんにく

純黒にんにく,生にんにく,違い

にんにく独特のにおいが薄まる

ポリフェノールの含有アップ

NK細胞・免疫の活性化

 

にんにくが黒にんにくになると超強力な抗酸化作用を持つようになります。その結果、動脈硬化の予防・改善、悪玉コレステロールの減少作用といった効果に期待が持てるようになります。

 

生にんにく

純黒にんにく,生にんにく,違い

においがきつい(好きな時に食べられない)

有機ゲルマニウム=免疫力アップ・疲労回復

セレニウム⇒精力増強・老化防止

アリチアミン⇒臭いのもと・疲労回復

 

にんにくは生の状態でも様々な効果に期待が持てる食材です。上記のほかにも「アリシン」は強力な抗菌作用や食欲アップに繋がる作用、「スコルジニン」は毛細血管拡張・新陳代謝が良くなる作用、「アホエン」は抗血栓作用・コレステロール抑制作用がある(アリシンが加熱されるとできる)とされています。

 

※にんにくの効果は、どれも普段の食生活や、消化吸収の具合など、個人差があることなので一概に全員に効き目があるとは言えません。

純黒にんにくと普通のにんにくとの比較データ

  • S-アリル-L-システイン16倍
  • アルギニン3倍
  • 総ポリフェノール6倍

必須アミノ酸が多い。必須アミノ酸とは、人間の体内では十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のこと。必要アミノ酸、不可欠アミノ酸とも言う。

 

純黒にんにく,生にんにく,違い  純黒にんにく,生にんにく,違い

 

※クリックで拡大

 

純黒にんにくにはあって、生にんにくにはない成分

 

「S-アリルシステイン」

 

  • 生にんにくにはほとんどない
  • 発酵・熟成でできるアミノ酸
  • 血流アップ・抗酸化活性作用
  • がん対策
  • 抗酸化活性作用
  • DNAに傷をつける活性酸素を消去する働き

 

 

純黒にんにく,生にんにく,違い

>>純黒にんにく体験レビューはこちら<<

page top