にんにくという言葉の語源

にんにく,語源,ガーリック,由来

 

にんにくの語源 主説は2つ

 

においから来てる説

にんにくの強いにおいが嫌い…憎い…「ニホヒニクム」。これが縮まって「ニンニク」となった説。

 

仏教用語から来てる説

仏教の言葉で「がまん(忍辱:にんにくと読む)」から来てる説。一般的にはこちらのほうが有力とされています。

 

 

にんにくの呼び名

 

日本:大蒜(おおびる)
朝鮮:ピル
漢方:大蒜(たいさん)

 

にんにくについて

 

  • ユリ科:多年草
  • 学名:アリウム・サチヴァム

    アリウムは古いラテン語で臭気・におうという意味。サチヴァムは栽培する・耕作するという意味。

  • 発祥の地:中央アジア
  • 分類:ネギ属ネギ亜科。

    果菜類・葉菜類という分け方をすると、にんにくは「葉茎菜類」になります(ネギ・玉ねぎなどと一緒)

にんにくは葉茎菜類
根っこはにんにくの下にあるため根菜ではない(一部では根菜として扱うところもある)


ガーリックの名前の由来

にんにく,語源,ガーリック,由来

 

にんにくは外国(英語圏)では「ガーリック(Garlic)」と呼ばれています。

  • にんにくの葉っぱの形が槍みたい⇒槍は英語で「Gar」
  • 辛い味⇒英語で「Leac」

この2つの意味が合体して「Garlic」となりました。

 


関連ページ

にんにくは煩悩を呼び起こすから下品
にんにくの歴史が浅い日本。理由は仏教の教えにあるようです。お坊さんは煩悩を捨てるのも修行の一つ。精力増強効果の強いにんにくは、そういった意味で「下品な食べ物」という扱いを受け、普及の妨げとなったようです。
ピラミッドはにんにくがなければできなかった
ピラミッドが作られていた紀元前2000年頃、作業員には「にんにく」が配られていました。砂漠の猛暑の中での作業…もし、にんにくがなかったら、働いている人が疲れすぎてピラミッドは未完成だったかもしれません。
にんにくは昔は魔除け・薬として使われていた
にんにくは日本でも古くから魔除けや、薬として利用されていました。そういった歴史からみても、にんにくの効果の凄さを物語っています。
海女さんはにんにくをぶら下げて潜っている
海女さんは「クラゲ除け」としてにんにくを使っています。また、殺菌作用もケガをした時などに役立つようです。
野生の猿もにんにく好き
野生の猿は春は「ノビル」や「ギョウジャニンニク」といったにんにくの仲間を食べ、にんにくと同等の効果を得る。夏は「キハダの皮(ミカン科の植物:消炎・健胃作用・漢方にもよく使われる)」を食べています。