更新日:2017/12/11

海女さんは「クラゲ除け」としてにんにくを使っている

海女さん,にんにく,潜っている

海女さんたちの間ではにんにくは、毒クラゲ撃退として使われています。これは実用的な方法で、単なるゲン担ぎとか、おまじないの要素ではありません。

 

クラゲの毒は、強いものだとコブラの毒の75%ほどの力を持っているので命に関わります。にんにく2~3片を皮をむいて網に入れ腰にぶら下げておくと、クラゲは近寄ってこないらしいです。

 

また、クラゲだけではなく、他の毒虫に刺された時やケガをした時、にんにくをこすりつけて殺菌をしているそうで、海女さん達にとってにんにくは、とても重要な存在です。

関連ページ

にんにくは煩悩を呼び起こすから下品
にんにくの歴史が浅い日本。理由は仏教の教えにあるようです。お坊さんは煩悩を捨てるのも修行の一つ。精力増強効果の強いにんにくは、そういった意味で「下品な食べ物」という扱いを受け、普及の妨げとなったようです。
ピラミッドはにんにくがなければできなかった
ピラミッドが作られていた紀元前2000年頃、作業員には「にんにく」が配られていました。砂漠の猛暑の中での作業…もし、にんにくがなかったら、働いている人が疲れすぎてピラミッドは未完成だったかもしれません。
にんにくは昔は魔除け・薬として使われていた
にんにくは日本でも古くから魔除けや、薬として利用されていました。そういった歴史からみても、にんにくの効果の凄さを物語っています。
にんにくの語源| ガーリックの名前の由来
にんにくは、なぜ「にんにく」という名前がついたのか?その語源について調べました。同じように、なぜガーリックと呼ばれるようになったのかを調査し、まとめました。
野生の猿もにんにく好き
野生の猿は春は「ノビル」や「ギョウジャニンニク」といったにんにくの仲間を食べ、にんにくと同等の効果を得る。夏は「キハダの皮(ミカン科の植物:消炎・健胃作用・漢方にもよく使われる)」を食べています。