更新日:2017/12/11

にんにくは昔、魔除け・薬として利用されていた

にんにくが日本へ来た流れは、中国~朝鮮~日本と言われています。いつごろかというのは、約2000年前の崇神(すじん)天皇の時ではと考えられています。

 

古事記:712年

日本武尊が蒜(ひる:にんにくのこと)をもって悪神の化身…白鹿を打ち殺したという記述あり。

 

にんにく,魔除け,薬

 

 

日本書紀:720年

同じような話の記述あり。ただ、この時代の蒜はノビル(下記写真)ではないか?という説もあるが、平安時代『本草和名(ほんぞうわみょう:918年)』『倭名類聚鈔(わみょうるいじょうしょう:930年頃)』にはハッキリと栽培記録がある。

 

にんにく,魔除け,薬
<ノビル:見た目はにんにくによく似ている>

 

 

源氏物語:1008年

極楽の草薬(熱冷ましの薬草)との記述あり。しかし、いくらこの薬が効くからといっても、これを食べた女性に接するくらいなら、鬼を抱いたほうがまだいいとの記述もあります。

 

にんにく,魔除け,薬

 

 

こういった歴史を振り返ってみると、日本ではまだ世界に比べたらにんにくの歴史は浅いかもしれませんが、確実に生活に密着した食べ物として利用されていたのがわかります。

関連ページ

にんにくは煩悩を呼び起こすから下品
にんにくの歴史が浅い日本。理由は仏教の教えにあるようです。お坊さんは煩悩を捨てるのも修行の一つ。精力増強効果の強いにんにくは、そういった意味で「下品な食べ物」という扱いを受け、普及の妨げとなったようです。
ピラミッドはにんにくがなければできなかった
ピラミッドが作られていた紀元前2000年頃、作業員には「にんにく」が配られていました。砂漠の猛暑の中での作業…もし、にんにくがなかったら、働いている人が疲れすぎてピラミッドは未完成だったかもしれません。
海女さんはにんにくをぶら下げて潜っている
海女さんは「クラゲ除け」としてにんにくを使っています。また、殺菌作用もケガをした時などに役立つようです。
にんにくの語源| ガーリックの名前の由来
にんにくは、なぜ「にんにく」という名前がついたのか?その語源について調べました。同じように、なぜガーリックと呼ばれるようになったのかを調査し、まとめました。
野生の猿もにんにく好き
野生の猿は春は「ノビル」や「ギョウジャニンニク」といったにんにくの仲間を食べ、にんにくと同等の効果を得る。夏は「キハダの皮(ミカン科の植物:消炎・健胃作用・漢方にもよく使われる)」を食べています。