にんにくだけで食べるのが苦手な人におすすめな食べ方(料理法)は?

 

にんにくは「ビタミンB1の多い食品と一緒に摂るのがおすすめ」

にんにく,苦手,おすすめな,食べ方,料理法

  • 豚肉
  • ごま
  • 豆腐(大豆製品)
  • 豆類全般

 

にんにくの効果の源「アリシン」は、ビタミンB1と結びつくとビタミンB1と同じ作用をもたらす物質を作り出します。

 

 

同時にタンパク質の多い食品も欠かせない

にんにく,苦手,おすすめな,食べ方,料理法

  • 豚肉
  • 魚類
  • 大豆製品

 

タンパク質が足りなくなるとビタミンB1の効果が下がります。なので、タンパク質を多く含む食品も同時に摂ると効果的です。

 

こうやって見てみるとにんにくは、ビタミンB1も多く含み、タンパク質も多く含む「豚肉や大豆製品との相性がすごくいい!」ということがわかりますね。ただし、基本的にはバランスの取れた食事が一番重要です。ビタミンB1やタンパク質だけじゃなく、野菜や海藻なども食べ、偏った食事にならないようにすることが、にんにくの効果を100%発揮させることへと繋がります。

 

関連ページ

にんにく製品色々あるが効果は変わらない?
にんにくは加熱処理すると、有効成分であるアリシンが出来にくくなってしまい、期待していた効果を得られない場合があります。もし効果を損なわずに加熱したい場合は「30分以内」が目安です。
酢にんにくを作ったら青色に変色…大丈夫?
酢にんにくを作ると、にんにくも酢も青くなってしまうことがありますが、これは全く害はないので問題ありません。効果的にも変わりありません。酢もにんにくも青くなってしまうのは、産地・時期が大きく関係しています。特に輸入物のにんにくだと、青くなるケースが多いようです。
にんにくは血圧を上げる?高血圧だけど大丈夫?
にんにくは疲労回復に役立つとは言え、私は高血圧だから心配。という方でもにんにくは問題ありません。にんにくは血液の流れを良くはしますが、血圧を上げるわけではなくむしろ逆。血圧を正常の値に戻す役割のほうが強くあります。
にんにくは貧血気味の人には良くない?
にんにくは1日1~2片位の摂取なら、貧血になる危険性より、貧血改善に期待が持てる可能性のほうが高くなります。