更新日:2017/10/11

にんにくの栽培法

にんにくは葉茎菜類

  1. 鱗片を植える(皮をむいた1片のこと)

    植える時期は秋(品種によってバラつきあり)。育てるのメインの場合、ちゃんと種苗(しゅびょう)店で売っているものを使ったほうが収穫が楽しみになります。

  2. 2週間前後で発芽
  3. 4~5月ころ:とう立ち(※1)

    この時は花芽を摘み取って、栄養が種球に行くようにしてあげて大きくさせることが重要です。

  4. 6~7月ころ:茎・葉が枯れてきたら収穫

※1 とう立ち(薹立ち)とは

 

にんにく,栽培法

<とう立ちしたレタス>

 

薹(とう)とは、花を咲かせるための茎のことです。その茎が伸びてきたことを「とう立ち」と呼びます。薹が伸びると栄養を花・種の方に持っていかれてしまい、野菜の味が激烈に落ちてしまいます。

  • 果菜類(花をつけた後の実を食べる野菜のこと:きゅうり・なす・トマトなど)であれば問題なし。
  • 葉菜類(レタス・キャベツ・ほうれん草など)であれば葉っぱが固くなって味も雑になります。
  • 根菜類(ごぼう・大根・にんじんなど)であれば繊維質が多くなってまずく食べづらくなります。
  • 葉茎菜類(にんにく・ネギ・玉ねぎなど)こちらも根菜類と同じで薹が出てきたら摘んでおいたほうが味は良くなります。

 

にんにくを保管しておいて芽が生えてきたものは、「あ~もう食べられない」と捨ててしまうより、家庭菜園としてにんにくを育ててみる方に回してみるのもおもしろいかもしれませんね。ただ、土に植えるだけでバンバン芽が出てくるので、ちょっとした薬味などに利用できます。

 


関連ページ

にんにくの旬
にんにくの旬の時期は「春~6・7月」頃です。正確に言うと、にんにくは収穫したあと乾燥期間があるため、市場では7~8月頃が食べごろとなります。この時期は値段も安くなるので買い時とも言えます。にんにくに限らず旬の食べ物を食べることは健康維持に最適な手段です。
にんにくの上手な選び方
スーパーや店頭で売られている「にんにくの正しい見分け方」では、4つのことをチェックし判断します。皮、固さ、形、そしてもう一つ…。これらを全てクリアしたものは特上級として業者間で扱われています。
にんにくの賞味期限・保存方法
にんにくはそのままの状態で常温に置いておくと発芽して、芽の方に栄養を取られてしまい身がスカスカになってしまいます。風通しが良く、涼しい所に吊るした所で水分がどんどん減ってしまい美味しくなくなってしまいます。なので、にんにくの保存方法としてベストな選択は「冷蔵庫のチルド室に入れておくこと」です。
にんにくのニオイ対策
にんにくのニオイ対策として、「ニオワない調理法」と「食べた後のニオイ対策」をご紹介しています。こういった情報を知っているだけで、だいぶ違いますからね。マナーとして口臭には気をつけましょう。
にんにく生産量日本一
にんにくの生産量で日本一な所は、青森県三戸郡田子町(さんのへぐん、たっこまち)です。田子町は、アメリカで生産量第一位のカリフォルニア州ギルロイ市と姉妹都市になっていて、にんにくの研究・実験を色々試しています。