にんにくの効果| 肩こり

スポンサードリンク

にんにくは肩こりに効果あり?

 

にんにく,効果,肩こり

「こっている症状緩和としては有効」

 

にんにくは「コリの緩和」目的として使うのであれば効果的ですが、肩こりが根本的に治るわけではありません。

 

 

にんにくによリ期待できる肩こりへの効果

コリをほぐす

サクッとコリをほぐすには「にんにく湿布」が効果的です。患部に直接貼るだけで、にんにくの有効成分アリシンが筋肉の疲労を吸収&緊張している神経をしずめてくれて、筋肉の収縮…コリがほぐれることになります。

 

>>にんにく湿布の作り方

 

※ 慢性的な肩こりの場合は、湿布で体の外側から。毎日にんにくを食べて体の内側から…という感じでやると効果的です。

そもそも、なんで肩こりになるの?

肩がこる原因

 

疲れ、運動不足、ストレスなどが原因と考えられます。

 

肩こりは長時間同じ姿勢・体勢でいることで筋肉が緊張してしまい血の流れが悪くなり、代謝が低下して起きる現象です。他にも、更年期障害・胃腸障害・目の異常・低血圧・歯痛・耳痛などの要因で肩がこることがありますので、何が原因で肩がこっているのか?を見つけ、その病気を治すことから始めることが重要です。

 

<肩こりの特徴>

 

急性の肩こり・・・熱を伴う
慢性の肩こり・・・しこりができる、だるい、疲れがとれない、痛い

肩こりは目の疲れ・頭痛・偏頭痛などの原因となりますので、放置すると他にも悪影響を及ぼしかねません。

 

肩がこった時の対策

 

”肩がこった原因となることをやめる・治す”

 

肩を回したり、ツボを押したりして、血行の流れを良くしてあげることで、多少肩のコリはほぐれてきます。しかし、仕事上どうしても同じ体勢・姿勢で居続けなければいけない時は、湿布などで筋肉の緊張を緩和させるか、細かく休憩をいれて対応することが望ましいかと思います。

 

悪化すると、頭痛・目の異常など、様々な身体の異常につながることなので、軽く見ないでしっかり対策しておくことをおすすめします。

page top