にんにくの効果| 不眠症

スポンサードリンク

にんにくは不眠症に効果あり?

 

にんにく,効果,不眠症

「にんにくでは不眠症の根本的解決はできません」

 

にんにくで身体を眠りやすい状態にすることはできますが、不眠症を治すことはできません。眠れない原因…不安材料を取り除くことがなにより重要です。

 

 

にんにくにより期待できる不眠症快方へ向かわす3つの効果

  1. 神経を眠りやすい状態に導く

    アリシンが交感神経を安定させて、副交感神経を働かせるような作用をもたらす。

  2. 緊張緩和

    アリチアミン(活性持続型ビタミン)が直接神経細胞に作用し、緊張状態の神経をほぐしてくれます。

  3. ほどよい体温の維持

    身体の機能を一定の状態に保とうとする機能(ホメオスターシス)に作用し、自然治癒力を高めてくれます。これにより「寒さ・暑さに対して身体が勝手に血管の拡張・収縮などをして、体温を保ってくれています」。ほどよい体温が快眠には必須です。これはにんにく特有の効果で、他の植物にはありません。

 

不眠症は何かしらの「精神の不安定状態」がもたらすことが一般的です。そんな時は必ず神経が高ぶり「寝れない・熟睡できない」といった症状が出る場合があります。それがまた不安となり寝れなくなる…睡眠がとれなければ疲労が取れません。すると^、身体の方にも不調が表に現れてきます。

 

そんな悪循環に陥ってしまうのが不眠症の怖い所です。

 

専門的に見る「不眠症とは」

 

”自律神経失調が引き起こす状態のこと”

  • 普通の睡眠は、交感神経が抑圧され、副交感神経が働きだすと熟睡状態になる。
  • 眠れない時は、副交感神経が抑圧され、交感神経が働いていると覚醒状態になる。

そもそも、なんで不眠症になるの?

不眠症になる原因

 

過度な疲労、人間関係のトラブル、将来への不満、欲求不満などからくる「ストレス」が原因と考えられます。

 

不眠症になった時の対策

 

”とにかく原因の早期解決”

 

眠れない原因となることを解決するしかありません。睡眠薬・精神安定剤などの薬もありますが、毎日のように使っていると効果が薄れますし、薄れてきたからと量を増やすと命に関わる事となってしまいます。くれぐれも薬に頼ることは避けるように努めましょう。

 

page top