にんにくの効果| 高血圧・動脈硬化

スポンサードリンク

にんにくは高血圧・動脈硬化に効果あり?

 

「にんにくは常食すれば高血圧・動脈硬化改善に期待が持てます」

 

実際にコレステロール値が高い人に2ヶ月間毎日にんにくを食べてもらった結果、33%その値が下がり、その後数ヶ月間にんにくをヤメたらコレステロール値がもとに戻ったというデータもあります。

 

ただし、にんにくを毎日食べ続けるだけではダメ。しっかりと「禁煙・減塩・動物性脂肪の制限」など、他の生活習慣の改善ありきで効果が期待できることです。

 

にんにくが高血圧・動脈硬化に効く”2つの理由”

 

コレステロールの分解

にんにくはコレステロールを分解する作用があるので、血液中のコレステロール値低下に期待が持てます。血の中のコレステロールが増えてくるということは、血が流れる血管に悪影響を及ぼします。血管壁に脂質が溜まって通り道が狭くなる(⇒地の通り道が狭くなれば当然血圧は高くなる)。血栓もできやすくなり、どんどん血管が硬くなっていきます。

 

新陳代謝の活発化

にんにくは血管を拡げ血の流れを良くする力があります。それによって身体中の機能が高まり、総合的に高血圧・動脈硬化の改善に繋がります。同様に、低血圧の方にも効果が見込めます。

 

高血圧・動脈硬化になる原因

 

塩分のとりすぎ、肥満、タバコ、ストレス、心労、運動不足などが考えられます。

 

高血圧・動脈硬化になった時の対策

 

”医者に行けば薬(血圧降下剤)での治療。自力で生活改善する手段もあり。”

 

血圧降下剤は副作用がでます。ちょっとした頭痛から意識障害・認知症まで様々です。そんな危険を犯して薬に頼るよりは、自分の日常生活を正しいものに変えることがベストです。

 

「タバコをやめる、しょっぱいものを避ける、肉・乳製品・洋菓子など(動物性脂肪)を避ける」などなど。

 

その上で、毎日にんにくを食べることで体質改善をより確固たるものとし、高血圧・動脈硬化の予防・改善をさらに確かなものへと導くこととなります。

 

page top