更新日:2017/12/11

にんにくの副作用記事一覧

にんにくは適量なら「百利あって、一害なし」基本的に、にんにくは適量であれば副作用が出ることはありません。<にんにくの適量の目安>生のにんにくであれば「1日2~3片」くらい市販されている粉末や液体タイプであれば、注意書きにある使用量ただ、これもあくまで目安で、生のにんにくまるごと1コ食べてもへっちゃらの人もいれば、すりおろしニンニクスプーン小さじ1杯だけでも下痢になってしまう人もいます。自分の適量は...

生のにんにくをすりおろして湿布として皮膚に直接貼る…肩こりや水虫の症状を少しでも軽くしようとして、にんにく湿布や、にんにくを生のまま肌にすり込んだ時、肌が弱い人はかぶれてしまうことがあります。なので、やる前には必ず「パッチテスト」をしてみることが、被害の拡大を防ぎます。にんにく湿布にんにくのすりおろし、小麦粉、水を混ぜてガーゼに塗りつけて完成。それを患部に当てる方法です。生のにんにくのままだと刺激...

「牛乳・アルコール・お茶・コーヒー・酸っぱいものを飲む」牛乳などの乳製品で舌をコーティング。アルコールで舌を洗浄。コーヒーの苦味で辛み・痛みを中和。酸っぱいもので辛みを弱める。お茶に含まれる”カテキン”は下の粘膜保護効果があり、辛み・痛みを多少ですが和らげてくれます。ただし、基本的には「時間が解決」してくれるのを待つしか手がありません。なので、にんにくは少量ずつ食べることが鉄則です。にんにく食べて...