更新日:2017/12/11

にんにくの持つ成分として抑えておきたいのは2つ

  • アリシン
  • スコルジニン

にんにくは65%の水分と、30%の炭水化物、そして残りの5%に大事な成分が詰まっています。だいたいその5%の中の70%(全体で見れば3.5%)がにんにくの効果として重要な鍵を握っています。

 

他にも、脂質・タンパク質・アミノ酸(タンパク質に必要な成分リジン・アルギニンなど)・ミネラル(カルシウム・ナトリウム・リンなど)といった栄養素も含まれています。

にんにくの栄養成分とその効果記事一覧

にんにくの栄養として一番大事なのが「アリシン」という成分です。※アリシンが「強烈なにんにくのニオイのもと」となっていますアリシンの持つ3つの効果殺菌・抗菌作用12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌・赤痢菌などに対して強力な抗菌力を見せることが実験で明らかにされています。アリシンが細菌の中に入りタンパク質を分解…その働きを抑えてしまうからと考えられています。この働きが風邪の細菌・インフルエンザウィ...

スコルジニンの持つ3つの効果強壮ホルモン系統を刺激して精力増強疲労回復ビタミンB1と同じ働き新陳代謝促進スコルジニンにはこのような3つの効果があることが解明されています。※スコルジニンには特別なニオイはありません。