黒酢と組み合わせる食材について

MENU

黒酢との組み合わせでよりよい食材とは?

黒酢と大豆の組み合わせはとてもいいと言われています。良く煮豆に酢を入れることが多いですが、保存がききますし、おいしく食べられます。

 

栄養の方は、畑の肉と言われているタンパク質が多く含まれている大豆を、黒酢の酢酸が消化を良くしてくれます。

 

同じような組み合わせで、黒酢を豆乳で割って飲むのもいいです。その場合、黒酢の酸によって、豆乳のタンパク質が固まるので、ヨーグルトのような不思議な飲み物になりますが、胃にやさしくなります。

 

また、納豆のタレや豆腐のトッピングに黒酢をちょっと加えてみたりするのもいいですね。

 

大豆を黒豆にすると、黒豆に含まれているアントシアニンがまた、抗酸化作用をもたらし栄養を強化してくれます。黒豆ダイエットというのも一時流行りましたね。

 

黒酢に黒にんにくが入っているサプリメントがありますが、これは黒酢の疲労回復効果にさらににんにくのポリフェノールの抗酸化作用をプラスしています。

 

また、黒酢ににんにくを漬け込んだ調味料を野菜炒めなどに使用している人もいます。同じようにすっぽんやしょうが、どくだみなどの組み合わせのサプリメントがいろいろと発売されています。

黒酢とフルーツの組み合わせもあります。

 

主に黒酢にブルーベリーなどのフルーツジュースを混ぜたものが多いですが、黒酢の中にフルーツを漬け込んでそれを搾り取った、フルーツ黒酢もあります。

 

また、バナナとの組み合わせで便通に効果があると言われ、ブームになったこともあります。バナナ酢は黒糖やはちみつを入れると食べやすくなります。

 

酢昆布というお菓子がありますが、黒酢と昆布の場合は、昆布のグルタミン酸、カルシウムとお酢の酢酸が結びついた「酢酸カルシウム」を含んでいます。 この酢酸カルシウムはカルシウム単独よりも吸収が50%以上もいいのです。

 

胃では黒酢より胃酸の方が酸性度が高く、酢を飲んで胸焼けにはならないと言われていますが、逆流性食道炎の人には黒酢の影響があると考えられています。